沿革

沿革

日立

日立建機株式会社 

住友住友重機械建機クレーン株式会社 

日住日立住友重機械建機クレーン株式会社 

西暦

会社沿革

1949

日立

純国産技術により日立U05パワーショベル完成。

1955

日立

日立建設機械サービス株式会社設立。

1957

日立

日立U106万能掘削機完成。

1963

住友

住友機械工業(株)[現、住友重機械工業(株)]に建機事業部を新設。

クロ-ラクレーン及びトラッククレーンについて、アメリカのLink-Belt社[現、FMC社]と技術提携。建機の国内総代理店として販売会社の住機建設機械販売(株)を設立。

1964

住友

「住友-リンク・ベルト」ブランドにて機械式トラッククレーンを販売開始。

1965

日立

株式会社日立製作所の建設機械販売部門各社及び日立建設機械サービス各社が合併し、(旧)日立建機株式会社設立。

1969

日立

株式会社日立製作所の建設機械製造門が分離独立。足立工場・土浦工場をもって日立建設機械製造株式会社設立。

1970

日立
住友

日立建設機械製造株式会社と(旧)日立建機株式会社が合併し、日立建機株式会社設立。

油圧式トラッククレーン販売開始。

1971

日立

世界初の全油圧式クローラクレーンKH150発売。

1974

日立

工場再配置政策及び生産体制整備強化のため足立工場を土浦工場へ統合。

1975

住友

全油圧式クローラクレーン販売開始。

1981

日立

株式会社多田野鉄工所とトラッククレーン、クローラクレーンに関する業務提携。

1985

住友

国際建設機械有限公司(中国)設立。

LS-218RH5、第15回 機械工業デザイン賞 奨励賞 受賞。

1986

住友

住友とFMC社との合弁会社LBCE社(米国)を設立。北米にてクレーンの販売開始。

住友重機械工業(株)より分離独立。

製販一体の新会社、住友建機(株)設立。

1989

日立

土浦工場近隣に減速機等を量産する霞ヶ浦工場竣工。

東京証券取引所市場第一部に株式を上場。

1990

住友

オールテレーンクレーン(全油圧式トラッククレーン)生産開始。

1994

日立

KHシリーズをフルモデルチェンジしたCXシリーズを市場導入。

1996

日立

土浦事業本部がISO9001認証取得。

1997

日立

環境マネジメントシステムISO14001認証取得。

1998

住友

クレーン・基礎機械の製造で品質保証の国際規格、ISO9001認証取得。

1999

住友

環境マネジメントシステム規格ISO14001を名古屋工場認証取得。

2000

住友

整備・レンタル専業のテクニカルクレーンサービス(株)[のちの、HSCクレーンサービス(株)]を設立

2001

日立
住友

住友重機械工業株式会社、株式会社タダノとクレーン事業についての業務提携。

住友建機(株)の分社化により、住友重機械建機クレーン(株)設立。

住友重機械工業(株)が日立建機株式会社、株式会社タダノとクレーン事業について業務提携。

2002

日住

日立住友重機械建機クレーン(株)事業開始。

2003

日住

上海代表処を開設。

SCXシリーズを市場導入。SCX900-2、SCX1200-2の2機種を販売開始。

テクニカルクレーンサービス(株)[のちの、HSCクレーンサービス(株)]をグループ会社とする。

2004

日住

日立住友重機械建機起重機(上海)有限公司設立。
製造本部名古屋工場を新設。

2005

日住

ホイールクレーンUCX300を販売開始。
オールテレーンクレーンATXシリーズを販売開始。

2006

日住

HSCクレーンサービス株式会社を合併。

2007

日住

中期経営計画「グローバル HSC 21C」を策定。

2008

日住

SCX2000-2が機械工業デザイン賞「審査委員会特別賞」を受賞。

2010

日住

6000SLXが機械工業デザイン賞「日本力(にっぽんぶらんど)賞」を受賞。

2011

日住

中期経営計画「再起2013」を策定。

2012

日住

創立10周年を迎え、デザインを一新したSCX-3シリーズを販売開始。

2013

日住

SCX1200-3が機械工業デザイン賞「審査委員会特別賞」を受賞。

2014

日住

中期経営計画「躍進2016」を策定。

2016

日住

テレスコピックブームシリーズ「650TLX」「SDX612」が機械工業デザイン賞「日本力(にっぽんぶらんど)賞」を受賞。